Architects Desk Home > COLUMN > 【VOL.48】OfficeのWorksのご紹介

【VOL.48】OfficeのWorksのご紹介

(2009/01/22 藤田 修功 )
こんにちワ~~~!
前回に引き続き2度目の連載となる今回は以前コメントさせていただいた
九十九里海岸近くに建つスタジオ兼別荘
です。 昨年12月オープンのこの世に生まれたての赤ん坊です。
ご覧の通り大変色白のカワイイ子(だと思っております。親バカ?)30坪の3階建て(1F:ガレージ・工作スペース、2F:LDK・バス・トイレ・洗面、3F:ベッドルーム)ですが、2・3Fは間仕切り壁のほとんどないオープン空間なのでとても広々としています。

育ての親となられたオーナー様は、遊ぶことが大好きな方なのでこれからの成長が楽しみです。

余談ではありますが、先日某有名婦人ファッション誌に、美しいオネー様に囲まれてはすかしそうに写真にうつっておりました。

そして次は少し変わった集合住宅で、世田谷の閑静な住宅地・等々力に今年の5月 新緑の芽のように地面からはい出た
タウンハウス形式メゾネット型コートハウス14戸群です。
全住戸をコートハウスにすることで完全にプライバシーを確保し、都市部の雑踏の中でここだけが空の青さと四季の移り変わりを独り占めにした独自の時間感覚と小宇宙空間を創りました。

都市部における住宅事情が様々に変化しつつある近年、今後このようなタウンハウスのニーズが増えていくのではないかと考えております。

ご意見・ご相談をお待ちしております。



梅雨空にもかかわらず、週末には都合のつく限り家族の白い目を横目に感じながらも、川に立とうともがいているフライフィッシャーマンでした。(洋式毛ばり釣り師)

と言う訳で次回のコラムは・・・・・。

コメント

History of generic pills for cheap <a href="http://cialistas.com/">cialis überdosiert</a> cheaest professional world wide no .
2017/12/29 16:19 | cialis_überdosiert
コメント

ニックネーム

Column

Comments

Tag