Architects Desk Home > COLUMN > 【VOL.29】「旧モーガン邸」のこれから [2007/06/30](関口 佐代子)

【VOL.29】「旧モーガン邸」のこれから [2007/06/30](関口 佐代子)

(2007/04/01 その他のメンバー )
ニュースや新聞などの報道でご存知の方もいらっしゃると思いますが 先月5月12日 藤沢市大鋸にある『旧モーガン邸』で火災がありました。



火災直後の姿です。(実はこの右側はほとんど焼けてしまっています。)


旧モーガン邸は 昨年夏休みに子ども達と「歴史たてもの探検ワークショップ」の舞台となった建物で、その様子を1月のコラムでもご紹介しました。 今は、そのようなワークショップも、企画していたイベントも、変更を余儀なくされている状態です。
残念なことに火災により大半が燃えてしまいましたが、いつも来訪者を暖かく迎え入れてくれた玄関は姿をとどめています。 緑こく壮大な庭園も元のままです。

旧モーガン邸のことを多くの方に広く知ってもらいたい、みんなで大切に保存し、活用していきたい、と地元の方を中心として結成された「旧モーガン邸を守る会」は、現在、修復再生に向けて活動をしています。火災直後から、焼け跡で建築士協力の元に調査記録を行い、焼け残ったタイルや瓦などを保管したり、焼け跡で残った部材を測量したり、表れた下地や構造などを撮影したりと、詳細にわたる丁寧な作業がここ一月進められて来ました。

旧モーガン邸で は、過去、講談やコンサート、ペーパークラフト教室、そして探検ワークショップなどさまざまなイベントが開催されています。 そこに行って始めて味わえる独特の雰囲気や歴史の重みなど、なくなってみて改めて大切さが身にしみています。長い年月かけて培って来たものを、一瞬のうち に失ってしまうこともあるのだと、思い知るできごとでした。



在りし日の旧モーガン邸。


地域の財産として、街の風景として、ひとりひとりがそれそれの立場から今後も見守っていけたら、と思っています。現在「旧モーガン邸を守る会」では、署名と募金活動の呼びかけをしているそうです。

詳しくはこちら ⇒ http://homepage1.nifty.com/Morgan/top.htm

コメント

コメント

ニックネーム

Column

Comments

Tag