Architects Desk Home > COLUMN > 【VOL.148】石見銀山を訪れて

【VOL.148】石見銀山を訪れて

(2009/10/17 鈴木 友則 )
 さて今回2回目の登場となりますdesign studio bAOBabの鈴木です、宜しくお願いいたします。

8月31日の選挙によって政権交代が行われ、鳩山政権となり、あっという間に1ヶ月が経ちました。国民目線の生活に直結した政治を目指した政策がこれから実現されていくことだと思いますが、より身近になる一方で、その影響は直接及ぶ場合もあることを認識しなければならないでしょう。

個人的に注目しているのは温暖化ガスを1990年比で25%削減という目標を掲げたことですね。まずその前に京都議定書に掲げたマイナス6%が達成できるかどうかが当面の課題となることはいうまでもありませんが、先日の新聞では昨年度のCO2排出量が90年比で自動車5社39%減、鉄鋼大手4社は11%減と大きく下回ったと報じていました。これはリーマンショックによる減産など世界同時不況による景気後退がかなり影響しているということですが、CO2の排出量がおさえられた結果になったということは、温暖化対策と景気対策をどう両立して解決していくか真剣に取り組まなければならない時代になった証拠だと思います。つまり今までの社会システムでは成り立たなくなってきている、まさに今は変革の時期に来ていると感じているのは私だけではないでしょう。ただ急に何かが変わるということを人は好まないし、変化に対しては一抹の不安も感じながらも徐々に時代は変わっていくのものだと思います。ここ20年ぐらいを振り返ってみても徐々に変わりながら、人々の価値観の変化もあり、個人的にも年齢とともに変化してきたとを感じています。その中で私たちの暮らしも随分と変化してきているのではないでしょうか。携帯電話、パソコン、薄型テレビ、ドラム式洗濯機、デジカメなど電化製品の進化は、私たちのライフスタイルに影響を与えてきたのは確かです。そしてこの先10年で更にライフスタイルは変化していくと思います。しかしいい変化、悪い変化というものがあることも忘れてはいけませんね。

ちょっと前置きが長くなりましたが、そろそろ書こうと思っていた内容に移ります。

今年の5月に島根県の石見銀山を訪れる機会を得ました。ご存知のように2007年に世界遺産に登録され、登録前後にかなりの観光客で賑わっていたのをテレビを通じてご覧になった方も多いと思います。観光客のピークは少し落ち着いたものの今でも多くの観光客が訪れる場所となっています。しかし観光客の増加とともに、普通に暮らしてらっしゃる方々の暮らしが一転、昼間から閉め切ってしまうお宅も多くみられました。日常生活と観光を両立する難しさを感じました。確かに観光客の中には観光地だからといって勝手に家の中に入ってきてしまう方もいるそうで、今までオープンな暮らしをしてきた人たちにとっては迷惑な話なのかもしれません。ただこの地域には宿泊施設が1カ所しかないためか観光客のほとんどは温泉津に宿泊され、夕方にはお客もまばら、ここがまさか世界遺産のまちとは思えないほどひっそりとしていたのも印象的でした。

また島根県といえば日本三大瓦産地の一つ赤い石州瓦が有名で、今でも歴史のまちなみが残る大森町には昔ながらの登り釜で焼き上げた自然な色むらのある瓦屋根が残っていました。しかし新しく葺かれた屋根は均一で、同じ瓦屋根であってもだいぶ印象が違って見えました。この地域も今でこそ世界遺産とはなっていますが、他の地方と同じように人口は430人の小さなコミュニティで過疎化が進んでいた地域でもあります。その場所に松場大吉さんと登美さんのお二人が中心となってやってらっしゃる洋服ブランドの「群言堂」で有名な(株)石見銀山生活文化研究所の本社と群言堂本店はあります。洋服は女性物が中心ですが、単に洋服だけでなくそこから広がるライフスタイルに係る物をこの場所から全国にむけて発信していることはとても興味深く感じていました。また茅葺きの古民家を広島から移築し、それを社員食堂にしたり、本店に20年近く、阿部家の改修に10年という時間をかけながら、多くのリノベーションを手がけています。それは単なる改修ではなく「復古創新」という言葉に表れているように、古い物を活かしながらその時代にあった新しいものを生み出していくことを実践され、それが日常生活に直結したところにあるのが、ちょうど自分たちが求めようとしているスタイルに近いと感じていたところでした。ここ1〜2年、今まで以上に意識的に自分の身の回りを良く観察し、季節の変化を体で感じ、日常生活の中で小さな幸せや小さな感動することを覚えながら、地域に根差しながらどう貢献できるのか、そしてそれらを住まいの設計にどう活かしていけばいいのかより強く考えるようになってきたそのタイミングで阿部家に一泊させていただきました。



大吉さんと登美さんのお二人との出会いはわずかの時間でしたが、一緒に夕食をいただきながら建築のことや日本の暮らしや文化について話が出来たのはいい経験でした。またちょうど文化人類学を研究されているアメリカ人のジムさんも滞在されていて一緒に夕食をいただきながら、海外の方から見る日本の暮らしや文化についても話ができたのも良かったと思います。

夕食後には文明をいっさい排除したという「ろうそくの家」を案内していただき、電気のない部屋に和蠟燭の火がゆらめく中で、次第に暗闇に慣れてきた目を通して見える空間がとても新鮮で心地よく感じられ、経験したことのない空間がそこにはありました。

スイッチを入れれば電気がつくのが当たり前という時代に生きていることに対して何の疑問ももたなくなってしまったけれど、電気のない時代、ろうそくの火や月明かりだけで夜を過ごしていた時代の暮らしはどうだったのだろうかと想像してしまうけれど、実際に暗闇の世界を想像するのは難しいですね。

これがきっかけになったというわけではないのですが、最近、よく月を見るようになった気がします。満月の月明かりはとても明るく、もしかしたらすべての明かりを消してみるとその明るさはより際立つことでしょう。満月の時は明るくてもほとんどの夜はやっぱり真っ暗だったに違いありません。

銀山を訪れたのは5月でしたが、山間にあるために夜はひんやりして少し寒かったのを覚えています。そして普段見ることが出来ない星空がとてもきれいで、本当はこんなにたくさん星が見えるのに見えない場所に住んでいるのは幸せなのだろうかと、ふと考えてしまいました。

翌日の朝食後には阿部家のスライドを見せていただき、いろいろなエピソードを登美さんから聞かせていただきました。その後は時間の許す限り、大森町のまちを散策してまわりました。たった一泊でしたが自分にとってはとても貴重で、充実した経験ができたと思います。またこうした経験を少しでも設計に活かしていきたいと思います。


少し話は変わりますが、先日、総務省から平成20年住宅・土地統計調査結果の速報が発表されました。それによると全国の総住宅数は5759万戸。そのうち空き家は756万戸で空き家率は13.1%。3大都市圏の総住宅数は3010万戸で全国の52.3%を占めています。これを見ただけでも地方よりも都市に人口が集中していることがわかります。また県別に見るとなんと山梨県は20.2%で2割もの住宅が空き家という数字が出ています。ちなみに埼玉県は全国ベストスリーに入る10.6%ですが、それでも1割は空き家という結果です。この結果から見るに今後、少子高齢化が進んで2050年ぐらいには今の人口の1/4程度が減ってしまう予想も出る中で、空き家率は更に進んでいくことは確実です。今、各地では空き家バンクで空き家情報を発信して、空き家の活用を促しています。

今後は住宅だけでなく、建築全体の問題として新築中心というよりもリフォームやリノベーションをはかることが、今後の中心課題となっていくと思いますし、新築であってもメンテナンス計画をしっかり立てていくことが大切で、長く住み続けられ、住み継がれるものをしっかりと設計していかなくては行けません。太陽光発電やオール電化などは否定しませんが、設備機器は毎年新しく性能の良いものが出てくるし、機械である以上、耐用年数にも限りがあるのも事実ですし、メンテナンスフリーというわけにもいきません。結局コストをどこまでかけるかということにはなるでしょうが、もう一度、どう住まうか、どう生きるかを考えてみることは大切なことだと感じています。今回の経験を通じて同じ日本に住みながらも都市部と地方ではやはりそのライフスタイルは違ってくるのは当たり前だと感じたし、今となっては消費大国というよりも浪費大国となってしまった日本が世界に誇れる省エネ大国になるためにもライフスタイルの見直しはもちろん、設計する側の意識も変わっていく必要があるように感じます。本来、住まいというものはその地域の材料でその地域、風土にあったものが建てられるのが一番だと思います。しかし現代のような時代にあっては、かえって地域性の強いものは建てにくくなっているのも事実です。

今はまだ力不足かもしれませんが、出来る限り日本の文化を大切にし、季節の室礼そしておもてなし、またその地域が持っている地域力を活かす暮らし方を考えた住まいを実現していきたいと思っています。

次回のコラムはアトリエMアーキテクツの松永 務さんです。

コメント

コメント

ニックネーム

Column

Comments

Tag