Architects Desk Home > COLUMN > 【VOL.211】企画型住宅:シンプルな木と漆喰の家『1.5階建て住宅』都市型バージョン

【VOL.211】企画型住宅:シンプルな木と漆喰の家『1.5階建て住宅』都市型バージョン

(2014/01/06 市川 均 )
 

 今回は、アーキネットデザインが材木屋さんと共同で開発した企画型住宅、シンプルな木と漆喰の家『1.5階建て住宅』の2回目で、その都市型バージョンの紹介です。

 「高品質な本物の木の家」を「ローコスト」で実現する事にこだわり、2008年に設計がスタートした『1.5階建て住宅』も6年目に入り、これまで7軒が完成し、現在8軒目が設計中です。ここでそれらを一覧にしてみます。

1、      NS01房総の小さな家

2、      SS01のびのび子育ての家

3、      2F01力強い構造体の家

4、      2F02吹抜けのある家

5、      SS02のびのび子育ての家2

6、      GS01大きな合掌屋根の家

7、      2F03都市型の小さな家

8、      2F04都市型の小さな家2(現在設計中)

 この中で、3番目のKT01は都内での設計となり、その小さな敷地には片流れ屋根は適さないので、初めて総2階の1、5階建て住宅にチャレンジしました。基本コンセプトである、1シンプルな形、2平屋と2階を組み合わせた片流れ屋根、3間仕切り壁の少ないオープンプラン、4経済的な木材利用のうち、2番のコンセプトを総2階建てに応用し、2階を屋根裏的な勾配天井とする事で全体的な建物のボリュームを小さく抑え、1、5階建ての標準コストを実現しました。

 そこで、今回はその総2階型(2F型)の中でも特に小さな家の事例である7番の家をご紹介します。今後はこのタイプが増えてくると考えておりますので、どうぞご覧下さい。

外観は総2階ですが全体のボリュームを小さく抑えました。また間口2軒ですので小さな敷地にも対応出来ます。

キッチンは小さいですが、施主支給もモザイクタイルがアクセントとなりかわいい仕上がりです。
 
コメント

ニックネーム

Column

Comments

Tag