Architects Desk Home > COLUMN > 【VOL.222】建築条件付き土地の設計とは。。。

【VOL.222】建築条件付き土地の設計とは。。。

(2015/09/06 松永 務 )
 よく電話を受けるのは、建築条件付きの土地ですが、
設計をお願いできますかというお話し。

正直、それは限りなく難しい。
建築条件付きとは、施工業者自身が土地を分譲して、
その建物の施工も、自社でおこなうという条件が、
付いている土地分譲のこと。
デベロッパーを除けば、ハウスメーカーの場合がほとんどです。

土地を探し始めると、結構な割合で目につきます。
なぜ、外部の設計者が入れないかというと、
幾つかの問題点があるからです。

・まず大前提は、外部の設計者が関わることを容認しない。
※これは、自社の施工ということは、
ハウスメーカーである限り、設計・施工がセットということ。
また、大手メーカーであれば、自社の構造システムはクローズで、
外部の設計者には、分からない。

・外部の設計者でも良いという場合は、仕様・素材の問題。
※我々は、様々な資材から、その住まいの予算に応じて、
素材や仕様を設定しますが、それがほぼ限定されてしまうこと。
これは、自社施工の品質・メンテナンスに関わりますので、
当たり前といえば、当たり前。

・設計の前提となる概算予算が立てられない。
※これが一番大きい問題ですが、我々は過去の施工例から、
予算をフィードバックして、概算予算書を組みます。
これが、初めての施工者で、その設計に対するコストが読めない。
といいますか、時として飛んでもない価格が出てきます。
要は、できませんが、やるならこれくらい掛かってしまいます。
それでよければどうぞ・・・というスタンスだからです。

静岡の場合、土地探しが大変で、なかなか新規の土地が出てきません。
やっと見つけて、建物に話が進んでから、
それが建築条件付きでは、もうどうしようもない状況となります。

設計者に依頼するかどうかは、土地取得と共に、
考えておかなければならないのは、
悩ましいところではあります。

私の場合、東京時代のネットワークがあり、
そういう物件を、二度ほど手掛けましたが、
たまたまハウスメーカー上層部との話が通ったということ。
ですから、通常は限りなく難しい・・・となるわけです。
設計者として、土地探しから関わることは稀ですが、
まずは敷地、当たり前のことですがここから住まいづくりの道は、
岐路に立つのかも知れません。

コメント

Hello!
<a href="http://c9cpills.com/">cialis</a> ,
2016/09/12 17:53 | cialis
All people taking <a href="http://sale9v.com/">free viagra</a> should consult their doctor for specific dosing pertaining to them.
2016/12/01 16:46 | free_viagra
コメント

ニックネーム

Column

Comments

Tag