Architects Desk Home > COLUMN > 【VOL.39】住まいづくりは楽しい (CM方式・施主による工事分離発注方式)

【VOL.39】住まいづくりは楽しい (CM方式・施主による工事分離発注方式)

(2009/01/16 青木 和壽 )
内部塗装下地を施工中の施主
♪ 実に楽しそう
家族で外壁のサイディング塗装

 

最近は情報の多様化により住まいづくりの方法に選択枝が増え「CM方式(コンストラクションマネージメント方式)」「施主による工事分離発注方式」が注目されています。それは単に家の建設コストを低減すという目的だけではなく、施主も含めた住まいづくりに携わる人の責任を明確にすることや、施主が家づくりに積極的に係わり「住まいづくりを楽しむ」というところにあります。

これまでCM方式又は分離発注方式で7棟の住まいづくりに協力しましたが、全ての施主が施工に参加しました。施工は外壁に使用するシーダーサイディングの塗装や、ホウ酸による防蟻処理、内部の石膏ボード塗装等でした。
住まいの完成時には全ての施主や家族が「自分達の住まいづくり物語」を楽しげに話します。

住まいが完成したとき「住まいづくりは楽しい」と言いたくありませんか。

CM方式施主による工事分離発注方式 詳しくは建築雑誌『建築知識2002年7月号』をご覧下さい。
月刊 「建築知識」ホームページ→ http://www.kenchi.com/

コメント

コメント

ニックネーム

Column

Comments

Tag