Architects Desk Home > COLUMN > 【VOL.73】中庭と大きなテラスのある2階リビングの家

【VOL.73】中庭と大きなテラスのある2階リビングの家

(2009/01/22 市川 均 )
皆様、こんにちは。
5回目の登場となります市川均@アーキネットデザインです。
今回は、中庭と大きなテラスのある2階リビングの家を御紹介します。

これは埼玉県入間市の30年程前に開発された住宅地での建て替え住宅です。
お施主さんはアウトドア派でものづくりが大好き、だから家の何処にいても光や風の外の自然を感じていたい。
そしてリビングの前には大きなテラスがあってアウトドアリビングを楽しみたい。


幸い敷地は整形なので完全なロの字型の中庭プランが出来ました。2階は中庭を取り囲む形で南にリビング、東にキッチン、北に和室、西に階段が並んで いて、中庭の廻りをぐるりと一周出来るようになっています。これにより家中明るく風が通り抜ける家が出来ました。さらに、リビングの南側には大きなテラス があり、大きな木製のテラス戸を全開すると一体的に利用することが出来ます。

ちなみに、写真の手前に見える木は桜の木で、お施主さんの御両親がこの土地を買った30年程前に、お母さんが植えたものだそうです。今年は、2階のテラスでお花見を楽しんだようです。

外観
外観

階段
階段

玄関の正面には、曲線の階段があり、これを上るとリビングです。

階段の脇のシャラの木は鉢植えで、床をくり抜いて埋め込んであります。また、階段の途中にある縦長の窓には花や小物が置かれていたり、白い漆喰の壁には手づくりの陶器が埋め込まれていたりと、訪れる人を楽しませる工夫が盛り沢山仕掛けられています。


ここは2階なので屋根の形状に合わせた勾配天井になっていて、その天井際の大きな窓から一日中光が差し込む明るいリビングです。

2階の部屋には全てアメリカ製の木製窓を使っているので、柱や梁の木組みの表しと調和し空間に潤いと柔らかさを与えています。

壁と天井は定番の白い漆喰塗りです。

リビング
リビング

コメント

コメント

ニックネーム

Column

Comments

Tag