Architects Desk Home > COLUMN > 【VOL.97】自然素材にこだわった家づくり

【VOL.97】自然素材にこだわった家づくり

(2009/01/22 市川 均 )
皆様、こんにちは。
8回目の登場となります市川均@アーキネットデザインです。
今回は、自然素材にこだわった家づくりの御紹介です。

私達アーキネットデザインは伝統工法や自然素材、それらを現代の生活様式や適切なコストで実現させるため、設計のノウハウはもちろんのこと、材料の入手方法や工事をする職人の質とコストにまでこだわった、新しい木の家を目指しています。

今回紹介する住宅はその中でも特に自然素材にこだわり、化学製品を徹底的に排除した家づくりの紹介です。

I邸は人と環境に優しい健康な家を目指し、徹底的に自然素材にこだわりました。
使用した木材は造り付け家具に至るまで無垢であり、漆喰においてもいっさい有機化合物を添加することなく仕上げました。
また、外壁の塗装、床の蜜鑞塗り、個室の漆喰塗りなど、お施主さんが自ら参加して家づくりが行われました。


外観
外観

上部は漆喰塗り、下部は米杉の板張り。

塗装は自然塗料をお施主さんが家族で塗りました。

壁天井は漆喰塗り。

商品化された左官材のほとんどには塗り易さや割れ防止の為樹脂が含まれていますが、我々のしっくいは左官屋さんが現場で作ったものなので、一切樹脂は含まれていません。

またトップライトにより北側の水廻りも明るく快適な空間になりました

内観1
内観1


内観2
内観2

2階のホールです。

トップライトと吹き抜けにより隅々まで明るく風が通る室内空間です。

天井の杉板は厚さ3cmの野地板です。また、家中の全ての床も4cmの杉の厚板になっています。
さらに、下駄箱や食器棚などの作り付け家具も通常は合板で創る所を、床板用の杉の厚板を大工さんに継いでもらって家具を創りました。これによって、無垢材の家具をとてもローコストで実現しています。

コメント

コメント

ニックネーム

Column

Comments

Tag