Architects Desk Home > COLUMN > 【VOL.106】隠遁生活の近況

【VOL.106】隠遁生活の近況

(2009/01/22 松本 繁 )

設計のお仕事をお休みして早2年が経ってしまいました。
最近、チョット気になった事をお話しします

以前計画のご相談を受けたクライアントから6月に御連絡があり賃貸マンションの計画を具体的に進めたいとのご相談でした。私の現況をお話してお断りいたし ましたが先日再度御連絡を頂きその後計画をインターネットで設計コンペのシステムに依頼をしたそうです。しかし結局何処の設計者に依頼してよいか結論出来 ずに、私にアドバイサーとしてのお鉢が回ってきて仕舞いました。 

今や多くの件数がこの様なホームページで設計が始まっているのを知り、正に我々が目指していた思いが商業ベースで進められている事に驚きました。 
皆さんはこの事を良くご存知の様ですが是非このページでも始めて見ては如何ですか?

"提案"・・・・・・・より広いページの活用を考えてもう1歩発展させて見ては!

処で、自他とも認める釣りキチの私が今回こそはとテグスネ引いて待っていましたが、前回同様石川さんに先を越されてしまいました。 でも私はアーキデスク釣りデスクに変わろうと絶対話をしたい!!

そんな訳で今回は海創りのお話で、土創りは次回お話させてください。 
何だか海彦、山彦みたいだね!

釣りに填まる訳

私達の年代はいわゆる団塊の世代 "勿体無い" の申し子の様な実の部分と "enjoy your life" の言葉に象徴される様なファッションの部分がゴチャ混ぜに為っている訳の判らないカッテな年代です。 

そんなカッテな人間が周りとの軋轢に翻弄され(本当は翻弄しているのかも!)ストレス太りに陥って悩んでいる訳です。 
でもチョット自分の人生を意識して、そうだ! "enjoy my life" と目覚めて周りを見渡して子供の頃の不完全燃焼が頭を過ってしまい、そうだ!海だ!釣りだ!で始まってしまったのよ。

今は他人と少し違うカッコ良い"ユニホ―ム"と拘りの"道具"とカントリーな"シュチエーション"の釣り事情に様変わりし、何か凄く『エンジョイマイライフ』ってな感じで! そんなこんなの良い雰囲気に誘われて始まった釣りでした。
でも段々と釣行を重ねて行く内に男の本能が丸出しに人に贈って喜ぶ顔を見ると何とも言えぬ快感が!
この贈り物は印象が強い為必ずお礼の連絡が有り送り主はまた爆釣を願いながら填まってしまうのです。

私の釣りは如何もゲームフィシングではなく漁の要素が強い様です。
1日中釣れなくても楽しくて今に釣れるの!連続で1日を終わってしまいます。皆も填まって見たら!

携帯のスイッチをOFFにして、1日中船の上で魚と知恵比べ、"なんと自然のど真ん中"
釣りの楽しさとはいったい何なの? 
農作物と違って人が育てなくても魚は母なる海が育ててくれます、・・・勝手気儘に何時でも釣れる・・・

h

コメント

コメント

ニックネーム

Column

Comments

Tag