Architects Desk Home > COLUMN > 【VOL.112】21世紀のマルチキャンパス

【VOL.112】21世紀のマルチキャンパス

(2009/01/22 藤田 修功 )
『春うらら』の風と桜の季節が近づいてきてますが

『ハルウララ』というと、地方競馬で負けても負けても走り続け、我々に励みと希望を与えてくれたサラブレットが、頭の中を駆け抜けて行きました。(競馬には詳しくないですが)

冒頭から話がそれてしまいましたが、現在計画中のキャンパス構想です。

既成概念の教育施設らしさからの脱却を模索していく上で、建物の中に『街並みを創る』事を考え、コンセプトの軸として計画しました。
そして複合的な機能を積極的に展開しながら、新たなコミュニケーションを構築し、地域の人々にオープン化された教育・文化施設になることを強く意識しました。

構想テーマとして地域と融合した共生型コラボレーション
交流連携貢献の3つのキーワードを持つ人材育成・研究開発拠点となるマルチキャンパスを目指しております



今後の展開はいかに・・・・・・





正面外観
【エントランス】

南面外観
【内観】

南面外観
【鳥瞰】

コメント

コメント

ニックネーム

Column

Comments

Tag