Architects Desk Home > COLUMN > 【VOL.129】横浜の光あふれるH型プランの住宅

【VOL.129】横浜の光あふれるH型プランの住宅

(2009/01/22 市川 均 )
こんにちは、アーキネットデザインの市川均です。

今回は、横浜の光あふれるH型プランの住宅を紹介します。

この家族の希望は、家族の集まる場所を家の中心にして、

みんなの気配が感じられる居場所にしたいという事、

さらにちょっと無理だと思うけど
南から北に風が抜ける場所にしたい
という事と、

子育てに忙しいお母さんが家事を合理的にこなしたい
という事でした。

そこで、私が提案した間取りはH型プラン

つまり『家族の居場所=リビング』を中央に配置し、
その東側にキッチン、そのキッチンの北にダイニング、
南にMrs.コーナーと物干サンルーム、

そして、『家族の居場所=リビング』の西側は和室、
その和室の北に水回り(風呂、洗面所)、
南に玄関とシューズクロークを配しました。

そして、2階は『家族の居場所=リビング』の家を吹抜けとファミリーコーナーとし、その東側に夫婦の寝室、西側に子供たちの部屋とトイレは配しました。

つまり、どの部屋も『家族の居場所=リビング』に隣接している事になっています。
これによって、先ほどの希望のは達成できました。


さらにH型の中央が『家族の居場所=リビング』なので、その南北は屋外でそこをウッドデッキにしたのでの希望も達成。これには建て主さんはびっくりしていました。
また、ウッドデッキは北側の方が大きくなっています。これは、夏の利用を想定し日陰の涼しい場所でアウトドアリビングを楽しめるようになっています。ちょっと涼しくなった時期は、南のウッドデッキが快適です。

最後にの希望については、ダイニング、キッチン、Mrs.コーナー(洗濯機)、物干サンルーム(洗濯機)を縦に一列に配置しているのでとても合理的な家事が行えるようになっています。



建て主さんは、間取りの工夫でこんな暮らしが実現できることにびっくりし、大変満足いただきました。

皆さんにも、是非自分らしい間取りを建築家と一緒に創り上げていただきたいと願います。

コメント

Health patients should carry out body check up for any unfavorable condition for Generic <a href="http://cheap5v.com/">free viagra</a>.
2016/11/11 19:38 | free_viagra
コメント

ニックネーム

Column

Comments

Tag