Architects Desk Home > GALLERY

上尾K邸

(湯浅 剛・景子 アトリエ六曜舎)
上尾K邸
木と白い壁で構成されたシンプルで広がりのある4人家族のための住まいです(将来はお母さんも同居予定)。
勾配天井のカラマツ野地板が印象的な居間は、木製引込戸を介して、テラス、庭へと連続した広がりのある空間となっています。
また2階の寝室や書斎とも小窓でつながり上下階の風の道をつくっています。
開放的で使い勝手の良いキッチンからは、奥様のコーナー、居間の1/4円ミニテーブル、背の高い御主人専用のキッチンコーナ−をもつ多機能な土間ダイニングへとつながっています。また土間越しに配置した落ち着きのある和室は曲面の唐松天井板で視覚的に土間とつながり広がりを演出します。。
階段上部にはトップライトから落ちる光のもとで読書のためのベンチと本棚を設けています。
2階は将来分割できる子ども室、WIC、トイレ、主寝室、そして自転車置場の上部を活用した御主人がこもるための書斎を設けました。
米松合板のドア、タイルの洗面、ガラスのドアノブ、ハンドル、レトロな旧型スイッチ、コンセント、そして照明器具など、ところどころに御夫妻のこだわりが反映されています。
床は国産唐松の無垢フローリングに、オスモ自然素材ワックス仕上。 壁は、吸放湿性能をもつ珪藻土左官仕上や、安全で水拭きが可能なAEP仕上(塗装)、天井と壁の一部に国産唐松材を採用。 パーフェクトバリア、断熱サッシ、気密シートと通気工法を採用した高気密高断熱住宅になっています。北欧メーカーのつくった床下温風半蓄熱式暖房「レガレット」を採用し、柔らかく床下をあたためることで、家全体をカラットした気持ちの良い空間(寒くない)にしています。
               

Column

Comments

Tag