Architects Desk Home > MEMBER > 高橋 隆博
高橋 隆博
高橋 隆博
株式会社 アトリエ秀(しゅう)
<心掛けています>
= 時 間 =
私たちの仕事は主に[A.どんなものを創るか][B.どの様に創るか][C.創られる過程の検証]の過程で行います。これはどれも不可欠で、各々に同等の時間と労力を掛けています。そればかりか、[A]に至るまでの時間を最も大切にしています。
= デザイン =
特に建築において単なる絵画的・造形的なデザインのものには、時として「未熟さ」を感じます。「機能・性能」、「素材・工法」、そして「コ スト」においてもデザインする気持を忘れません。優れたデザインは、本来の目的を達するばかりか、「気持ち」や「心」をも豊かにします。
= 時間の流れ =
古くから残るもの、長く生き続けるものにはどこか心を動かされます。私たちは物造りにおいて50年100年という時間の流れを絶えず意識しています。
= 影 響 =
建築はその存在自体、周辺に少なからず影響を与えてしまいます。その意識を大切にしています。建築家やクライアントだけの自己満足は、時として不幸をかんじることがあります。

PROFILE

会社名株式会社 アトリエ秀(しゅう)
住所〒216-0004 神奈川県川崎市宮前区鷺沼3-16-67
電話番号044-862-7323
FAX044-862-7335
ホームページURL http://www.a-shu.co.jp/
メールアドレスinfo@a-shu.co.jp
1964年 横浜市生れ
日本大学理工学部建築学科卒
1987年 渡米
納賀雄嗣氏を師事、学生時より(株)一色建築設計事務所にて建築を学び卒業後も同事務所にて活動
1995年 一色建築設計事務所退職、IWE木構造研究所への参加を経て、同年11月アトリエ秀を開設。
一級建築士 
一級建築施工管理技士 
(財)日本建築学会 正会員
(財)日本建築家協会 正会員
川崎市都市マスタープラン検討委員(宮前区)
アーキテクト・デスク理事
「区づくりプラン」推進委員(川崎市宮前区)

MEDIA

まだ登録はありません

WORKS

COLUMN

  • VOL.228 ペットと暮す!! 犬が滑らない床大作戦!〜フローリング編〜
    (2014/07/22 高橋 隆博)
     ペットを取り巻く環境は、特にこの四半世紀の変化は大きく変わりましたね。例えば犬です。外の犬小屋の番犬は今や絶滅危惧種、殆どが同居家族ですね。チワワ、トイプー、パグ、まめ芝にミニチュア...
  • VOL.219 市民と建築家のキョリ
    (2013/09/11 高橋 隆博)
     最近は、Webの発達と浸透につれて多くの情報を得易くなりましたが、誰でもが簡単に発信できるが故、 それらの情報の質や信憑度の判断が難しくなっています。  一方、建築家に設計を依頼する割合...
  • VOL.210 豊かな住まい
    (2013/03/12 高橋 隆博)
     先日、さいたまで開催された日本建築家協会の保存大会に参加してきました。シンポジウムやいくつかの名建築を見学、古き良き時代と現実を行き来しながら、思うことがありました。   ...
  • VOL.201 「素材の表情とデザイン」
    (2012/06/04 高橋 隆博)
    @font-face { font-family: "MS 明朝"; }@font-face { font-family: "@MS 明朝"; }p.MsoNormal, li....
  • VOL.191 「甲子園!」から「住育!」へ
    (2011/08/11 高橋 隆博)
      異変続きの今年ではありますが、やはり夏は暑い!ですね。 さて今回は、近年私が建築から波及しての様々な社会活動の中から、この夏も毎月行っている活動をご紹介することと致しましょう。 ...
  • VOL.182 ワインと料理と音楽の奏でるマリアージュ
    (2010/12/18 高橋 隆博)
    ようやく冬らしくなってきました。……寒い寒い、と片をつぼめながらも、やっぱり冬はこうでなきゃ,,,と内心歓迎ムードなのは私だけでしょうか。さて、今回は「ワインと料理と...
  • VOL.173 パワースポットとエコ
    (2010/05/25 高橋 隆博)
    (株)アトリエ秀の高橋です。 毎年、春先から梅雨時期にかけて多いのが、様々な団体や企業の「~総会」。そんな中、先日、ある年次総会が三重県の鳥羽でありました。...
  • VOL.164 自宅を開放して始めた「ギャラリー秀」。年末のひととき。
    (2010/01/08 高橋 隆博)
    あけまして、おめでとうございます。 さて、2010年になりました。  年頭のコラムは、昨年より当方の自宅を開放して始めたギャラリー 「GALLERY SHUU」での、賑やかな年...
  • VOL.154 東京ガス「SUMIKA Project」宇都宮を訪ねて……
    (2009/06/30 高橋 隆博)
    春から東京ガスさんにお誘い頂いていた、宇都宮の街に4人の建築家を集めたプロジェクト「SUMIKA Project」に、梅雨真っ盛りの先日、ようやくスタッフと共に見学してきました。&...
  • VOL.98 「 洞爺湖サミットと民間のモラル 」
    (2009/01/22 高橋 隆博)
    蒸し暑さに悩まされる毎日です。皆さんは如何お過ごしですか? 「いっその事早く梅雨明けして夏になってしまえ~」と開き直りたくなるのは私だけでしょうか・・・。   さて、「地球環境サミット」...
  • VOL.90 「かけがえの無い家」
    (2009/01/22 高橋 隆博)
    本年も宜しくお願い致します。 平成20年という区切りのよい年明けは私にとって感慨の深い年末年始となりました。 今回はコラムとは言いがく恐縮ではありますが、「土地への哀愁」にまつわる「ひとり...
  • VOL.82 「近年の首都圏~不動産状況」
    (2009/01/22 高橋 隆博)
    私たち建築界の周囲で常にうごめいている不動産業界。 我々のプロジェクトも、そのフィールドと密接な関係(いや、正にそのフィールドで)を持つものも多く...そんな中、ここ数年新たな展開に移ってきた...
  • VOL.74  「 建築をとりまくプロ~その職能と料金~ 」
    (2009/01/22 高橋 隆博)
    平成19年、正月気分もどことやら…… 私にとって当デスクのコラムが本年の文筆第一号となります。 そこで少々厳かな気分で参ります。(緩んだ顔と腹を引き締めて) ...
  • VOL.66 「 建築の落とし穴 ~雨編~ 」
    (2009/01/22 高橋 隆博)
    今年は春から本当に雨の多い年でありまして……。 清々しい青空を忘れかけようというのに、もうそろそろ梅雨ではないですか。(小生はもうお腹いっぱいです) 我々建築...
  • VOL.58 「昨今の木造住宅の落とし穴」
    (2009/01/22 高橋 隆博)
     2005年も残すところ一月たらず、色々と今年を振り返る季節になって参りました。 巷では、「流行語大賞」たるものが発表されますが、建築を取り巻く社会においても、毎年毎年「流行語?」と...
  • VOL.50 田園都市OLD-NEW-宮前平M邸
    (2009/01/22 高橋 隆博)
    さて、梅雨も本番、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。 今回は私どもの日頃のプロジェクトの中から最新(ほやほや)の住宅を御紹介を致します。 -その前に少々…&hellip...
  • VOL.42 もっと頑張ろう公共事業~応援歌~
    (2009/01/22 高橋 隆博)
    今回のコラムは、私達の生活環境「まちづくり」における行政の取組みの現況について、我々建築家の「ものづくり」の視点から度々感じる事柄を書こうと思います。 ここ数年、都市計画や街づくりに関する...
  • VOL.34 続「住まい手を選ばない住宅」-その後-
    (2009/01/22 高橋 隆博)
    速いもので、この前のコラムは桜の時期でしたか…….そして今回、 アテネオリンピック真只中!柔道、競泳、体操…….おっと!解説はキャスター...
  • VOL.26 「住まい手を選ばない住宅」~住み手、時代と共に成長する建築を~
    (2009/01/22 高橋 隆博)
    今年は早くも桜の季節となりそうです。今回のコラムは前回の結びの通り、建築的な内容戻したいと思います。 本来の寿命を全うぜずして葬られていく建物達。社会現象ともいえるこの状況を嘆きつつ、私はこの...
  • VOL.18 「まちづくり」
    (2009/01/22 高橋 隆博)
    今回の私のコラムは、建築そのものから少し離れて「街づくり」という観点で私が常日頃感じている、言わば「独り言」のようなものにさせて頂こうと思います。 ここ数年、私は都市計画や都市...
  • VOL.10 "OLD - NEW に思うこと" - スケルトン-インフィル
    (2009/01/22 高橋 隆博)
    ...

Column

Comments

Tag