Architects Desk Home > MEMBER > 松永 務
松永 務
松永 務
一級建築士事務所アトリエMアーキテクツ
ライフスタイルからライフサイクルへと受け継がれていくすまいづくり  すまいとは生活の器。つまり、そこに住まう家族の生活の場を包み込む空気のように背景として存在するものと考えています。こうした場に空間・素材・ 光を活用することで、"より豊かな生活空間"へと創り上げていくプロセスをそこに住まう家族と協働していくことが、重要だと考えています。こうしたすまい づくりに欠かせない、情報のキャッチボールをよりスムーズにおこなうための情報シートを活用して皆さんのよりよいすまいのあり方を検討していきます。これ を元に検討・提案されたすまいは入居されるときあたかも以前から住んでいた、いえのように住まい手になじみ新しい生活とその家族を迎え入れてくれます。

PROFILE

会社名一級建築士事務所アトリエMアーキテクツ
住所〒422-8005 静岡県静岡市駿河区池田626-2
電話番号054-208-2650
FAX054-208-2649
ホームページURL 静岡の建築家 静岡の家づくり・注文住宅なら
メールアドレスmacchan@mva.biglobe.ne.jp
1958年  広島県広島市生まれ
1981年 日本大学理工学部建築学科卒業
同 年 株式会社一色建築設計事務所入社
1990年 同事務所・取締役就任
在任中、林野庁補助事業・北米における大規模木構造建築物の調査員として渡米し、
全米各地の木造建築の調査をおこなう
まちづくりやリゾート計画においても調査渡米し、米国の先進的事例を実体験として学ぶ
2000年 一級建築士事務所 アトリエMアーキテクツ設立
同年〜 静岡産業技術専門学校非常勤講師
トヨタ自動車スチールハウスデザインアドバイザー
2007年〜 アーキテクツデスク会長

<TV出演>
・平成17年/朝日放送「大改造!!劇的ビフォーアフター」第100回記念番組出演
       娘が窓の外で寝る家/36O.A
・平成18年/朝日放送「大改造!!劇的ビフォーアフター」出演
       お風呂が透ける家/312O.A
・平成19年/朝日放送「大改造!!劇的ビフォーアフター」新春2hスペシャル出演
       お腹がつっかえる家/114O.A
平成21朝日放送「大改造!!劇的ビフォーアフター」秋の2時間スペシャル放映/内藤大助編
       カニ歩きではいる家/1011O.A
平成22朝日放送「大改造!!劇的ビフォーアフター」有名人実家スペシャル放映/小島よしお編
       人前で脱ぐ店/425O.A
<賞・講演歴>
・平成12年度静岡県住まいの文化賞優秀賞
Import House of the Year 2003/準グランプリ・Import Material
・平成13年 第5回日米住宅シンポジウム(AF&PA全米林産物製紙協会他主催)講演
       /東京(米国大使館/国土交通省後援)
・平成13年 札幌国際住環境見本市・アメリカ木質製品セミナー講演
       /札幌(APA-エンジニアード・ウッド協会他、在日米国木材5団体)
・平成14年 OSBエインズワースセミナー講演
       /カナダ大使館(エインズワース ランバー カンパニー リミテッド主催/カナダ企業)
・平成178年 米国大使館住宅セミナー講演/札幌・東京・名古屋・大阪・福岡・沖縄
       /在大阪神戸総領事館及び各領事館主催
・平成1921年 静岡ガス、TOTO、トヨタホーム他の住まいセミナー

MEDIA

2009/01/23 大改造!!劇的ビフォーアフター・シーズン2 こんにちは、アトリエMアーキテクツ...

WORKS

COLUMN

  • VOL.234 建築条件付き土地の設計とは。。。
    (2015/09/06 松永 務)
     よく電話を受けるのは、建築条件付きの土地ですが、 設計をお願いできますかというお話し。 正直、それは限りなく難しい。 建築条件付きとは、施工業者自身が土地を分譲して、 そ...
  • VOL.225 静岡県産杉材+Jパネル落込み工法。
    (2014/02/24 松永 務)
    全国に三工場(静岡県,鳥取県,徳島県)しかない 国産材三層クロスパネルの生産工場。   このJパネルを柱の間に落とし込むことで、 粘り強い耐力壁を構成できて、 かつ、それ...
  • VOL.216 広島にて、革新的な住宅散策。
    (2013/07/30 松永 務)
    先日帰省しました故郷・広島。 なかなか時間のない中で、行動範囲の中に、 中村拓志氏と三分一博志氏の住宅を発見。   中村氏は、最近の東急プラザ、 三分一志は、ベネッセの犬島ア...
  • VOL.207 住まいを取り巻く住宅産業の背景。
    (2012/12/21 松永 務)
    我々の住まいは、それぞれのご家族のための一品生産。 そのメンテナンスは、設計者と その住まいの施工者に委ねられます。   東京時代の工務店も、先代が亡くなられて二代目に、 ...
  • VOL.198 手入れのかからないシンプルな中庭。
    (2012/03/15 松永 務)
     富士物語の住まいの中庭は、玄関から、浴室から、主寝室からと いろいろな角度で眺められる 母屋の掻き落とし壁を背景に見立てた緩衝帯。   あまり手を入れないで良い...
  • VOL.188 温故知新・瓦、欄間、丸太梁、格天井は再利用
    (2011/05/25 松永 務)
     解体工事が始まりました富士の住まい。 50年ほど前の建物ですが、 夏暑く、冬寒い、さらに増築に増築を重ねて、 リフォームでは、耐震性・断熱性 そして肝心の機能性を含めて、...
  • VOL.179 現代版連子窓・自邸兼アトリエ。
    (2010/09/11 松永 務)
     もう、築15年になる自邸兼アトリエですが、 様々な開口部を覆っているのは米杉ルーバー。 実験といいつつ、もう15年間、一度も 塗装をしておりませんが、 今でもしっかり...
  • VOL.170 住宅版エコポイント取得・静岡物語2。
    (2010/04/14 松永 務)
    ちょうど基礎が終わった辺りの昨年末、 12月に入ってから具体的な情報が出てきました、 今年度補正予算に取り入れられた『住宅版エコポイント』制度。 国交省担当者自身も、まだ未定の...
  • VOL.162 木造高層建築・姫路城。
    (2009/12/07 松永 務)
    アトリエMアーキテクツの松永です。 先週末、トヨタホーム近畿の住まいセミナーで姫路入り。 いつもは、新幹線から眺めるだけの姫路城に入城。 1601年、池田輝政が築城を始めて、 ...
  • VOL.160 長期優良木造3階建てが想定通り倒壊??
    (2009/11/04 松永 務)
    先月27日に兵庫耐震工学研究センター、Eーディフェンスにて、 木造3階建て住宅の実大振動実験がおこなわれた。   試験体は、2つ。 試験体1は、長期優良住宅の性...
  • VOL.111 階段室を考える/その空間活用法。
    (2009/03/16 松永 務)
     2階建ての住まいに必ず存在する階段室。 この空間、実は住まいの中で重要な 役割を担っている空間なのですが、 これを単に階段室、つまり上下階を繋ぐ動線のみとして捉えると、 その...
  • VOL.95 建築プログラムを考える/埼玉三郷の家
    (2009/01/22 松永 務)
    住まいを考える場合には、様々な与条件が提示されます。 住まいそのものへの夢はもとより、予算繰り、引っ越し時期、将来対応・・・。 こうしたすべてを受け入れながら我々の設計作業は進められます...
  • VOL.87 見る側に立つということ/米国野球場事情より
    (2009/01/22 松永 務)
    私が常に考えていることは、建て主の目線で住まいを捉えること。 この当たり前のことが、昨今はなかなか実践されていない世の中ではありますが、このことは何も住宅に限ったことではなさそう、と いうの...
  • VOL.79 本当の意味のリフォームとは?
    (2009/01/22 松永 務)
    皆さん、こんにちは。アトリエMアーキテクツの松永です。 トップページにもあ...
  • VOL.71 天竜杉~葉枯らし、自然乾燥、・・・そして住まいへ。
    (2009/01/22 松永 務)
    浜松市水窪町奥領家。 浜松市と合併した旧天竜市街から更に奥へ1時間程のところに位置する水窪町。 ここは、あの秘境駅で有名な小和田駅の近くで、長野県、愛知県がすぐそこ。 そんな山...
  • VOL.63 海と桜を愛でる家~人とひとの繋がりを感じながら・・・
    (2009/01/22 松永 務)
    伊豆に完成したこの住宅は、様々な人との繋がりによってできあがりました。 ...
  • VOL.55 ベネッセアートサイト直島
    (2009/01/22 松永 務)
    香川県高松市の北約13km、岡山県の宇野港からフェリーで20分の瀬戸内海の小島。 面積は、8.13km2、人口3,600名。 しかし、ここには安藤忠雄設計の美術館一体型ホテルや米国で有名...
  • VOL.54 イサムノグチ・モエレ沼公園
    (2009/01/22 松永 務)
    札幌市北東部に位置するモエレ沼公園。 彫刻家イサム・ノグチがマスタープランを担当した総面積189haの市民公園へ行って来ました。 ここは、もともとゴミ処理場として利用し、その廃棄物を埋め...
  • VOL.47 ビフォーアフター考
    (2009/01/22 松永 務)
    毎回、困っている家族のために颯爽と登場するリフォームの匠。 リフォームという...
  • VOL.39 北京住宅事情
    (2009/01/22 松永 務)
    夏、あるプロジェクトの視察で北京を訪れる機会を持ちました。 2008年の北京...
  • VOL.31 狭小宅地のすすめ。
    (2009/01/22 松永 務)
    静岡に引っ越ししてからはや8年。やはりこちらに住むと地方性のある、伸びやかな住宅が多くなります。 ...
  • VOL.23 変わりゆくもの、変わらないもの。
    (2009/01/22 松永 務)
    1月の2/3日とわが家は思い立ったように京都散策へ出掛けました。 子供の発熱...
  • VOL.15 エンジニアードウッドとバランス感覚
    (2009/01/22 松永 務)
    OSB、構造用集成材、木質I型ビーム。 これらは、エンジニアードウッドと呼ばれる木質製品です。 木材の廃棄する部分を最小限にとどめてその資源のほとんどを効率的に利用し、これに使用され...
  • VOL.7 集成材ハイブリット工法
    (2009/01/22 松永 務)
    ...

外部ブログ